社員インタビュー【2009年中途入社 設計室 主任】

落ち着く社内の雰囲気が
入社のきっかけに

エーシーイーは中途採用で入りました。前職も同じく建設コンサルタントでしたが、公園の計画・設計やランドスケープデザインの業務、また自分の専門分野以外にも触れてみたくなり、転職を決意。
エーシーイーの会社説明・面接を受けた際に「社内でのコミュニケーションが取りやすそ うだな」という第一印象と落ち着く雰囲気が入社を決めたきっかけになりました。

規模は小さくとも多種多様な
専門技術者がここにはいる

エーシーイーに入社してからは、望んでいた公園緑地の設計・計画や、道路修景設計・河川護岸修景設計など他分野と連携を行う設計、また住民参加型の検討会運営などにも携わりました。
自分の専門分野以外の社員と連携して設計する中で感じたのは、様々な分野の専門技術者がいること。それに加えて、入社前の印象と変わらない風通しのいいコミュニケーションが取れることもあり、幅広い分野の案件が円滑に進む理由がわかった瞬間でもありました。

学生時代には体験できない場面に戸惑いや緊張も

今では当たり前のように行っている発注者との打ち合わせやワークショップでの住民の方々とのやり取りですが、社会人になった当初は、学生時代に経験ができない部分でもあり、すごく緊張したのを覚えています。経験が足りないことはわかっていたので、上司が打ち合わせでどのように話しているかを観察・メモしたり、打ち合わせ前には必ず事前準備をするなど努力で補ってきました。そうすると段々と余裕も出てきて、打ち合わせやワークショップもスムースに行うことができるようになりました。

自分の設計したものが
形としてできあがる喜び

建設コンサルタントをしていて一番楽しいのは、自分で設計したものが実際の空間となってできること。イメージ通りにできあがった時は、本当に嬉しいですね。また、その場所を地域住民の方々に使っていただけることが何よりの楽しみです。ワークショップで住民の方々と意見交換をしながら、作り上げた時には喜びもひとしおですね。 休日には、さりげなく自分の設計した公園に子供と遊びに行って「この公園、実はお父さんが…」と自慢するのもひそかな楽しみのひとつです(笑)

会社の技術を引継ぎ、
社会に認められる会社へ

私には日々意識していることがあります。発注者に求められること・疑問や質問に対して、迅速に対応すること。設計者としてのプロ意識を持ち、その場に最適な提案をすること。そして、常に最新の技術基準や社会情勢を把握しながら、今何が必要かを判断すること。建設コンサルタントとして働くからには、発注者に信頼してもらえるような仕事し、利用者にとって使いやすい空間を設計することを常日頃考えていきたいと思っています。
自分たちのような年代の社員が、会社の持っている技術を引継ぎ、社会に認められる会社として継続できるように努めていきます。

1日の流れ

8:30 保育園に子どもを預ける。
9:00 出社、メール確認等
9:15 業務(CADで図面作成、ワードやエクセルで資料作成等)
12:00 昼食
13:00 業務※仕事内容や進み具合によって現場作業、打ち合わせなどもある
19:00 退社※繁忙期は遅くなることもある。

自分の目で見て体験することが大事

仕事を探す時に、いくらインターネットなどで会社を調べてもどれも同じように見えてしまうもの。やはり会社は、入社してみないとわからないことがたくさんあることも事実です。転職をするからには、会社選びを失敗したくない。それならば、積極的に会社訪問を行ったり、アルバイトとして勤務できるかどうかを確認したりと、実際に自分の目で見て体験することが大切です。
毎朝子供を保育園に送ってから出社していますが、業界内では珍しいのではないかと感じています。子供が体調を崩して、病院へ寄るため遅刻することなどもありますが、そういったことも受け入れてくれるエーシーイーの雰囲気をぜひ感じてほしいと思います。

エーシーイー社員一同、あなたに会えることを楽しみにしています

社員インタビューを見る

■ 保有資格

・技術士(建設部門)
・一級土木施工管理技士
・一級造園施工管理技士
・登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

■ 保有資格

・技術士(建設部門)
・RCCM(港湾及び空港)
・RCCM(河川、砂防及び海岸・海洋)
・一級土木施工管理技士